瑠璃色の光を探して

天神西・大名辺りを散策

九州一の繁華街、天神の西に広がるエリアには近年若者向けのブランドショップや飲食店、雑居ビルが立ち並び昔からある新天町や川端商店街とはまた違った様相を呈しています。天神西に隣接する大名はその名が示すごとく福岡城址のそばにあり、昔は大名のお屋敷町だったのでしょう。縦横に狭い路地が入り組み、そこに若者向けのショップがあるかと思えば、昔ながらの家が残っていたりします。前回、天神西界隈をupしましたが、今回も天神西、大名界隈を見てみることにしました。
この界隈には古着ショップ、リサイクル衣料のお店も多く、その店構えのモダンさにちょっと驚きました!
(1)
b0131167_1022120.jpg

ジャズが流れる素敵なカフェもありました!
(2)
b0131167_104974.jpg

今回うろうろして解ったのですが、お店の名前や屋号って結構面白いんですね! 古着のリサイクルショップに「アドニス」というのがありました! 御存じのようにギリシャ神話に登場する美男子ですが、アドニスは美男子の代名詞としても使われています。↓ここは海鮮食堂なのに名前は「すいか」! きっと何か謂れがあるのでしょうね。
(3)
b0131167_1119399.jpg

そうかと思うと、会員制のクラブでしょうか? 何のお店か外からは見当がつきません!
(4)
b0131167_11184110.jpg

今回とても不思議だったのが、これ↓。マネキンというと私はマネキン人形しか思い当らなかったので早速語源辞典でマネキンを調べてみました。すると「実際に商品を身に付けて販売するマヌカン」の意味がありました! この意味でマネキンが使われたのが昭和3年。上野公園で開催された博覧会で高島屋呉服店が登場させたマネキンガールが最初だったといういことです。しかしマネキン紹介所の名前が「天まで翔べ」! その頃の店主の心意気が伝わってきますね~。新しいようでけっこう古い物もある大名界隈です!
(5)
b0131167_11304546.jpg

ということでちょっと古そうな物、懐かしい風景を探してみました。
(6)
b0131167_10265841.jpg

(7)
b0131167_11343537.jpg

(8)
b0131167_11383161.jpg

(9)
b0131167_12194734.jpg

この若者の街もご多聞にもれず、落書きがあちこちにありました。苦肉の策で落書きし難いようにあらかじめ壁には絵が描いてあるとこもありました。
(10)
b0131167_11431787.jpg

しかし昨年襲った不況の波は今年福岡を第直撃し、このおしゃれな天神西、大名界隈にもテナント募集、閉店などの張り紙があちこちで見られました。はたしてこれからこの街はどう変化していくのでしょうか……。
(11)
b0131167_11465948.jpg


明日東京へ移動しますのでブログの更新がしばらく滞ります。
[PR]
by rainbow7716 | 2009-07-09 12:08 | 九州よかとこ