瑠璃色の光を探して

秋の大興善寺 その二


基山にある大興禅寺の二回目です。紅葉の期間中はJR基山駅からお寺までバスのサービスがあるのですが、どんな田舎でも駅前からはバスが出てるだろうと思ったのですが、ちょっと様子が違いましたね。でも紅葉を楽しめたので大満足です。
門を入ると、こんな光景が広がっています。
(1)
b0131167_12413840.jpg

(2)
b0131167_1242444.jpg

境内には大きな銀杏の木もあってモミジに混ざって黄金色の葉っぱがはらはらと散っていました。
(3)
b0131167_12573144.jpg

小雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、みなさん傘をさしながらも紅葉を楽しんでいました。
(4)
b0131167_1312710.jpg

上の小高い丘は公園になっていて、入園料500円を払い階段を上りると日本庭園や茶店もあります。
(5)
b0131167_1342188.jpg

でも機材を持ってさらに上まで登るのはちょっと大変。境内の紅葉に比べると、公園内の紅葉はこれからという感じなので頂上まではいきませんでした。
(6)
b0131167_134399.jpg

「うつし世に 浄土ありけり つつじ寺」。大興善寺はつつじ寺としても有名なんですよ。
(7)
b0131167_21392792.jpg

(8)
b0131167_1351111.jpg

お寺の内外には立派な南天千両が成っていました。
(9)
b0131167_1355499.jpg

お寺や紅葉と言うとl、和服の女性が似合うというのは固定観念にとらわれすぎ? そんな光景を目にしました。若い人は自由に紅葉を楽しんでいましたよ! こんなポーズで写真に収まっていましたが、それを撮る方も思いもよらないポーズでした! 境内に二人の笑い声が響いてこちらまで楽しくなりました! 雨なんてなんのその!ですね。
(10)
b0131167_1362364.jpg


帰りなんですが、あいにく携帯を忘れてきたので、タクシーを呼べません。下の出店の人にお願いして呼んでもらう手もあったのですが、タクシーで来た時バス停が見えたんです。それでてくてく歩いて行くことにしました。
うう、でもバスは一時間に一本あるかないかです。悪いことに3時代は一本もありません。こうなったら、てくてく歩いて駅まで行くしかありません。1340円なら歩けない距離でもないし。ということで帰りは1時間かかって傘をさしながら機材を持って歩いて帰りました~。ふふ、このおばさん、本当に元気でしょう!
[PR]
by rainbow7716 | 2009-11-24 11:32 | 九州よかとこ