瑠璃色の光を探して

夕陽がなくても素敵な真玉海岸 その二

前回も書きましたが、日没1時間前くらいに重い雲が出てきて期待は見事に裏切られました。私は夕陽撮影の勉強という意味で興味があったので、夕陽なら場所を問いません。いつか街中の夕陽にチャレンジしてみます! でもここの干潟は潮の関係で形が色々変わり、反射する夕陽の面白さはまさにインシャッラーの世界ですね~。
(1)
日が沈むにはまだまだ時間がかかるという頃から私たちは三脚を据えて準備をしました。色温度の数値をあげて撮りましたが、あまりにも明るすぎて変な画像を量産しました。今回は人物が入った画像をモノクロにしてみましたが、いかんせん元画像が元画像ですから、思うような結果にはなりませんでした。
b0131167_1271287.jpg

(2)
b0131167_1273772.jpg

(3)
色調が一定に定まってませんが、きっとこれを編集したときはこれがいいと思ったのでしょうね。ふふ、自分でも自分の心の変化が読めません。
b0131167_1285020.jpg

(4)
b0131167_12132468.jpg

(5)
レフレンズで撮ったので、リングボケを期待しましたが、(4)もこれも綺麗なリングボケはでてくれませんでしたね。
b0131167_21174557.jpg

(6)
最後は元画像のカラーです。やぱりカラーの方がよかったかな?

b0131167_2119284.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2010-08-16 12:17 | 九州よかとこ