瑠璃色の光を探して

晩秋の富貴寺 

昨年12月5日に訪れた国東半島の富貴寺です。ここの大銀杏は大変有名で、境内は落葉した銀杏の絨毯で覆われます。紅葉のピークを過ぎていたので観光客もまばらで静かな境内でした。
(1)
仁王門
b0131167_19422919.jpg

(2)
実に美しい平安建築の大堂(国宝)。中には文化財の木造阿弥陀如来坐像が安置されています。
b0131167_19385427.jpg

(3)
境内にはたくさんの石仏が置かれています。
b0131167_1952679.jpg

(4)
大好きな富貴寺の大堂。この姿に魅せられて大堂ばかり撮っていました。ちょっと日差しが強すぎて泣きましたけど。
b0131167_19425610.jpg

(5)
本堂・庫裏への門

b0131167_1955576.jpg

(6)
(1)の仁王門をくぐり右手に行くと本堂と庫裏へ通じています。
b0131167_19583060.jpg

(7)
ここの紅葉は遅いと言われていますが、12月5日、最後の枝が燃えていました!
b0131167_19495100.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-29 19:59 | 九州よかとこ