瑠璃色の光を探して

浜崎祇園祭  その三

夕暮れも迫り、山笠の周りに少しずつ人が集まり始めました。午後7時から山が動き出します。今年のような猛暑では、夕暮れからのお祭りはありがたいですね! といっても結局暗い中での動く被写体を追うのですから撮影は難しいですが……。
(1)
浜崎散策をしたと書きましたが、その時にどこからともなくお祭りのお囃子が響いてきました。通行人に(ほとんど見かけませんでしたが)お囃子の場所を聞きましたが、知っている人はいません。それでもしつこく音を頼りに探し出しました!
宵山が始まる前、こうやってご祝儀に個人のお宅を廻っていたのでした!
b0131167_17102830.jpg


(2)
博多の山笠と違う所はいくつかありますが、浜崎の山笠はこうやって二本の舁き綱を引いて動かします。これに子供たちも参加するというわけです。 
b0131167_1792026.jpg



(3)
九州の日の入りは7時半近くなので、山が動き始めるころはまだ薄っすらとしています。男衆はお囃子が響く中、こうやって掛け声をかけていました。手を挙げる動作は唐津くんちの「エンヤー」と似てますね。

b0131167_1710180.jpg

(4)
お囃子の下から可愛い顔が覗いていました。これも唐津くんちと似てますね!
b0131167_1715487.jpg

(5)
後ろでは若い子が押しています。
b0131167_1716849.jpg

(6)
右の髪の長い人を見て、うわっ、女性も参加できるのだ!と早とちりしましたが、ちゃんと締込み姿でした。
b0131167_17164218.jpg

(7)
b0131167_17112193.jpg

(8)

b0131167_17113933.jpg

(9)
こうして次々に山が動き出しました!
b0131167_17365114.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-08-25 16:34 | 九州よかとこ