瑠璃色の光を探して

南阿蘇の旅 その五

雑用で忙しくすっかり更新が滞ってしまい申し訳ありません。南阿蘇の旅を続けます。
降ったりやんだりの悪いお天気では大した撮影もできないと、菊池渓谷での撮影を切り上げ、熊本市内に降りて藤崎八旛宮秋季例大祭の撮影をすることにしました。

私は父の転勤で小学6年生の夏から中学3年生まで熊本に住んでいたのですが、何と藤崎宮の近くにいたので、このお祭りを知っているんです! 当時はボシタ祭りといっていました。暴れ馬がいたりしたのでよく憶えています。

熊本の歴史は加藤清正公をはずして語れませんが、このお祭りも加藤清正公に縁があります。無事に朝鮮出兵から帰還したことを祝うお祭りです。

(1)
b0131167_15361232.jpg

(2)
b0131167_15363675.jpg

(3)
お祭りの法被にさりげなくヴィトンをマッチさせて! 博多の井筒屋は無くなってしまいましたが、「鶴屋」はまだ健在なんですね、懐かしいです! 熊本では有名なデパートというか、百貨店です。
b0131167_1632100.jpg

(4)
b0131167_15534643.jpg

(5)
上のような武者行列はあちこあちのお祭りで見ることができますが、このお祭りの特徴は、「飾り馬)」の奉納行列です。鳴り物で飾り馬を鼓舞するので、馬が興奮して暴れたりします。それを巧くさばきながら行進して行きます。
b0131167_15551262.jpg

(6)
この飾り馬、現在では60頭も参加していると言うから驚きです。
b0131167_15562595.jpg

(7)
ですから行列にはちゃんと馬の排せつ物を拾う係りもいるんですよ。
b0131167_1622333.jpg


ということで次回もお祭の様子をお届けします。
[PR]
by rainbow7716 | 2011-10-19 16:35 | 九州よかとこ