瑠璃色の光を探して

鬼夜 火祭りの男衆

画像が前後して申し訳ありません。

1月7日、福岡では二つの有名な火祭りが行われます。一つは大宰府の鬼すべ、もう一つは久留米の鬼夜です。どちらも行ったことがないので、迷いましたが、日本三大火祭りの一つといわれている、久留米大善寺の鬼夜に行ってきました!

夜の9時に鬼夜のクライマックス、大松明6本に火がともされます。松明の大きさは何と直径1メートル、長さ15メートル。

6時少し前に着いた私は、初めてなので桟敷席から見物することにしました。

9時に大松明に火がともされますが、7時半ごろから村の裸の男衆数百人による境内参集が行われます。
今日の画像はその時のものです。

(1)
向こうに見える明かりは男衆が火をかざしながら境内に参集してくるところです。桟敷席の前を男衆が松明をかざして通るので、手前が明るくなってます。
b0131167_217646.jpg

(2)

b0131167_20594193.jpg

(3)
b0131167_210342.jpg

(4)
b0131167_2134574.jpg

(5)
b0131167_2144789.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2012-01-14 21:16 | 九州よかとこ