瑠璃色の光を探して

<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

海辺の2

忙しいうえにPCの調子が悪く、臼杵の石仏の画像を編集する時間が取れないので今日は海辺の写真をupします。
季節や時間帯によって色んな変化が楽しめる海。モノクロのような海の写真の中から2を意識して集めてみました。
(1)
b0131167_1204888.jpg

(2)
b0131167_11573391.jpg

(2)
b0131167_1037397.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2009-09-05 11:07 | 九州よかとこ

二王座散策 その二

大分県臼杵市にある二王座は、昭和50年に早くも町並み保存会が結成されました。そのお陰で、アーケードを廃止し、昔ながらの商店が並ぶ街並みを再現したり、前回紹介した新光寺が廃寺になると、市が買い取り歴史的価値を調査して、当時の建築に触れながら休憩できる処として提供するなど、意欲的に保存に努めてきました。その甲斐あって現在では、「美しい日本の歴史的風土100選」にも選ばれています。
仁王山善正寺(浄土真宗、本願寺派)は旧新光寺からもその屋根が見えますが、これはそこの桜門。仁王山善正寺は1602年の建立ですが、火災で焼失し、1744年に再建されました。
(1)
b0131167_1395916.jpg

二王座は、江戸時代に稲葉氏五万石の城下町として栄えた所です。写真の左手前に旧新光寺があり、この通りは二王座歴史の道として今では観光スポットとなっています。
b0131167_1316451.jpg

二王座のいいところはお寺も商家も民家もコンパクトにまとまっていること。といってもただ歩くだけで2~30分はかかるのですが、このあたりは武家屋敷があったところですね。歴史を感じさせるお宅は現在も住居として使用されていました。
(2)
b0131167_13153953.jpg

町並が整備されているので、商家のある通りを歩くとタイムスリップしたようです。白壁などは新しくぬられていますが、どの商家もその屋号や看板に歴史を感じさせてくれます。
(3)
b0131167_13353511.jpg

二王座にはしょうゆ工場もあるんですよ! ですから味噌醤油を売るお店も多いんです。
(4)
b0131167_13363936.jpg

(5)
b0131167_13402757.jpg

こちらのお店で、お味噌のソフトクリームをいただきましたがおいしかったですね~。
店内には昔懐かしい商標が飾られていました。こういうのを見ていると飽きませんね。大村昆さんのオロナミンCの看板もありましたよ。
(6)
b0131167_13425354.jpg

最近ではめっきり少なくなった金物屋さん。昔はどこにでもありましたね。
(7)
b0131167_134483.jpg

(8)
b0131167_1344397.jpg

(9)
b0131167_13454212.jpg

倉庫でしょうかね。回りに駐車場があるのですが落ち着いた雰囲気です。
(10)
b0131167_13461184.jpg

さすがに市の図書館は近代的な建物でしたが、入口は二王座にぴったりの造りでした。
(11)
b0131167_13482930.jpg


蒸し暑い中、駆け足で廻った二王座の町並み。すっかり気に入ってしまいました。次回はゆっくり散策して、しょうゆ工場の東洋一のしょうゆ樽も見てみたいですね!
[PR]
by rainbow7716 | 2009-09-03 13:26 | 九州よかとこ

二王座散策 その一

昨今人気のスポットになっている二王座を散策してきました。二王座は大分県臼杵市にあり、古い武家屋敷が今なおその姿をとどめる小さな旧城下町です。また大林宣彦監督の映画『なごり雪』の舞台となったこともあり、今では空路関東地方からもツアー客が押し寄せるようになりました。
(1)
b0131167_1721171.jpg

私が訪れた日(29日)は湿度も気温も高く歩いて散策するには大変暑い日でした。午後の太陽が強烈で漆喰の白壁が目に眩しく白トビの画像を量産しました。
(2)
b0131167_17245560.jpg

この日はバスツアーで正午に博多を出発、約二時間半のバスに揺られてきました。私のお隣に座った御婦人はもう十年もこの二王座に通い詰めているとおっしゃっる二王座通の方でした。年々観光客が増加して、イベントのあるときにはゆっくり散策できなくなったともこぼしていらっしゃいました。
(3)
b0131167_17543313.jpg

二王座には武家屋敷や商家、寺院などいろいろ古いものが残されていますが、嬉しい事に旧真光寺の内部が無料で一般公開されていて、無料休憩所としても利用できます。
(4)
b0131167_17565645.jpg

内部は腰を落ち着けて休憩できるようになっています。
(5)
b0131167_1759594.jpg

旧真光寺の窓から眺めた風景。
(6)
b0131167_185941.jpg

一般のお宅も歴史を感じさせてくれます。
(7)
b0131167_17201599.jpg

映画で有名になったこともあり、街全体が旧城下町の保存に努め、現在ではエアコンの室外機にも気をつかっているのが見てとれました。
(8)
b0131167_17392698.jpg

(9)
b0131167_18124869.jpg


ということで「二王座に行ってきました写真」が次回も続きます。

※実は父が高熱を出し、数日間入院していました。恐れていたインフルエンザは陰性でほっとしたのですが、この二王座を訪ねた日も父は病院で点滴をしていました。ほとんどキャンセルするつもりでしたが、39度7分あった熱も下がりずっと眠っている父のそばにいても用がないので、思い切ってツアーに行ってきました。
幸い父は昨日退院し、自宅で療養しています。年寄りは何が起こるか判りませんね~。
高熱が出た日の朝は普通に食事をし、元気にデイサービスに行きました。施設で父は朝の体操も元気に終え、休憩をとっている時、急に震えだし高熱のため急いで病院に運ばれました。行きつけのクリニックで測った熱は39度7分。脱水症状もあり救急車で違う病院に運ばれました。
今は普通に食事もとれるようになりほっとしています。
[PR]
by rainbow7716 | 2009-09-01 18:33 | 九州よかとこ