瑠璃色の光を探して

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

晩秋の富貴寺 

昨年12月5日に訪れた国東半島の富貴寺です。ここの大銀杏は大変有名で、境内は落葉した銀杏の絨毯で覆われます。紅葉のピークを過ぎていたので観光客もまばらで静かな境内でした。
(1)
仁王門
b0131167_19422919.jpg

(2)
実に美しい平安建築の大堂(国宝)。中には文化財の木造阿弥陀如来坐像が安置されています。
b0131167_19385427.jpg

(3)
境内にはたくさんの石仏が置かれています。
b0131167_1952679.jpg

(4)
大好きな富貴寺の大堂。この姿に魅せられて大堂ばかり撮っていました。ちょっと日差しが強すぎて泣きましたけど。
b0131167_19425610.jpg

(5)
本堂・庫裏への門

b0131167_1955576.jpg

(6)
(1)の仁王門をくぐり右手に行くと本堂と庫裏へ通じています。
b0131167_19583060.jpg

(7)
ここの紅葉は遅いと言われていますが、12月5日、最後の枝が燃えていました!
b0131167_19495100.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-29 19:59 | 九州よかとこ

東椎屋の滝

さてさて随分ご無沙汰いてすみません。福岡地方はお天気はいいのですが、気温が低くてとても寒く感じます。海からの風が冷たいし、風邪をひいたら年寄りの世話もできないので撮影からも遠ざかっている状態です。

(1)
画像は昨年12月に行った宇佐の三大滝の一つ、安心院(あじむ)にある東椎屋の滝です。ちょっと時間が経ってしまったので、記憶が薄れてますが、滝壺に行くまでに駐車場から細い道を15分くらい歩いて行きました。
b0131167_22323815.jpg

(2)
お天気は快晴でとてもよかったのですが、ここは昼なお暗きという感じで道が湿っていました。機材を抱えながらですので恐る恐る登りました。足元をみたり、周囲を眺めたり忙しかったですね~。滑ったら他の人に迷惑をかけるので慎重にカメラを構えて撮影しました。


b0131167_22334875.jpg

(3)
この旅行では超広角で狙ったので滝の迫力はあまりありません。
b0131167_239284.jpg

(4)
もっと水辺に近づきたかったのですが、滑りそうで本当に恐ろしかったです。
b0131167_22541586.jpg

(5)
東椎屋の滝は落差落差85m。近づけばそれなりに迫力があったでしょうね。
b0131167_22365875.jpg

(6)
b0131167_22342515.jpg

(7)
他の人は滝づぼまで行ったようですが、私は滝より周囲の様子が面白くて撮りまくっていたので、残念ながらここでタイムアップになってしまいました。
b0131167_22321268.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-27 22:35 | 九州よかとこ

干潟散歩 



b0131167_13351980.jpg





干潟で犬を連れて散歩するおじさんに出会いました! 望遠レンズで切り取りたい場面でしたね~。
もちろん場所は真玉海岸です。
[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-22 13:38 | 九州よかとこ

夕陽だけじゃない真玉海岸!

快晴のお天気に美しい落陽を求めてやってきた真玉海岸。少し早めに着いたら、こんなに素敵な光景が広がっていました! まさに一期一会の自然美ですね~。

b0131167_2038647.jpg


※ちょっと忙しくて更新が滞っています。インフルエンザが流行っていますが元気で~す。
[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-19 20:49 | 九州よかとこ

宇佐のマチュピチュ

国東半島にマチュピチュがある?!と聞いて驚きました! マチュピチュはご存知のように南米ペルーにある標高2,280mの山間に広がる空中都市ですが、裾野から上の町が確認できないところからそう呼ばれるようになりました。なるほど村おこしとはいえ、段々畑が広がる西椎屋一帯にはちょっと面白い景観が広がっていました。しかしここを見てマチュピチュを想像した人もイマジネーション豊かな人ですね!
(1)
b0131167_13192524.jpg

(2)
上の画像の右上にちょっと見える舗装道路から撮影してるのですが、九州のこの辺りは車が少ないので助かります。ガードレールに身体を預けて撮りました。
b0131167_132009.jpg


(3)
上の画像の左下にはこんな段々畑が広がっていました。
b0131167_13212211.jpg



※撮影は昨年の12月5日。
[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-16 13:43 | 九州よかとこ

十日恵比須 徒歩詣り

ニュースでも報道されていましたが、十日恵比須といえば博多見番の徒歩詣り!  何とかすべり込みにで間に合いました!

(1)
b0131167_1453014.jpg

(2)
えっ、まだなの? どこ? お参りを終えて帰るころにはポツポツと雨が降り出したので、傘を待ってます。
b0131167_124817.jpg

(3)
b0131167_12482155.jpg


初笑い
[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-12 13:19 | 九州よかとこ

十日恵比須 

毎年十日恵比須神社で新年の様子を撮影していますが、今年はちょうどこの時期に福岡を留守にする予定でした。でもその予定が変更になりいつものように十日恵比須を撮影できるようになりました!といっても紆余曲折があって神社に到着したのは徒歩詣りぎりぎりの時間でした~。
今年はあいにくの曇り空。今にも泣き出しそうなお天気に出足も例年より少なかったような気がします。
(1)
数年前は猿回しや陶器の出店などもあったのに年々少なくなっていくような気がします。まだ3時前なのに空が暗くてまるで夕暮れ時のような感じですね~。

b0131167_18205461.jpg

(2)
博多のお祭りには梅ヶ枝餅の出店がつきものですが、今年は海鮮の出店に目が留まりました。
b0131167_18284117.jpg

(3)
人出は例年より少ない感じでしたが、くじ引きには相変わらず長~い列ができていました! 

b0131167_18154523.jpg


(4)
ここの手水舎の水口は鯛の形をしてるんですね~。いかにも十日恵比須神社らしいです! 今まで気がつかなかったとは……。

b0131167_18214148.jpg

(5)
b0131167_184977.jpg


(6)
今年の後半は景気が回復するという予想も出てますね~。昨年より人出は少なかったですが、おみくじや縁起物の売れ行きを見る限りその予想も頷けるような気がしましたね~。
b0131167_1822503.jpg

(7)
当たりくじと一緒に配られる福笹。次々に運び込まれていましたよ! 
b0131167_18511312.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-10 19:03 | 九州よかとこ

青空の真玉海岸

12月4日から3日間連続で真玉海岸の夕陽を撮影することができました。3日間とも大変良いお天気だったので、美しい夕陽を拝むことができました! 今日の画像は6日に撮影したものですが、夕陽ではなく日が沈む前の青空の真玉海岸です。
(1)
b0131167_17593691.jpg

(2)
b0131167_1804946.jpg

(3)
b0131167_1813159.jpg

(4)
b0131167_1821510.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-07 18:04 | 九州よかとこ

二人の世界

好きな人と一緒なら……。

b0131167_10451897.jpg


※カメラはα350。カップルの顔には少しぼかしを入れてます。

私たち夫婦はベビーブーム世代ですから、今思うと若い頃の住宅事情はけっこう大変でした。40年近くも前の話ですが、結婚後は幸いに夫の会社の社宅に入ることができました。でも数か所ある新婚者専用の社宅はこちらが選ぶことができません。高田馬場、練馬、船橋、上福岡など数か所ある新婚者用の社宅にくじ引きで当たったのは何と一番不便な上福岡!

今は上福岡市になりとても便利な住宅地になっていますが、当時はまだ入間郡。その下の住所は大字亀久保。社宅の名前は「鶴ヶ岡荘」。東武東上線の上福岡からさらにバスに乗らないと辿りつけない社宅は何と田んぼの中にありました。会社も不便なところに社宅を造ったものです。夫の会社が朝晩専用バスを出してくれたので乗客は全員同じ会社の人でした。お昼は奥様のためにお買い物バスになるのですが、何しろ新婚者専用の社宅ですから、みなさん次々にマタニティーにおなりになって、お買物バスの乗客の半分は妊婦さんでした。

で、どうして昔の話を書いてるかというと、その社宅も空きがないと入れない状態でしたから、社宅がまだ決まらない時、「一緒に住めるのなら私、四畳半ひと間でもいい!」なーんて言ったのですね~。こんな事、云うものじゃありませんね~。実際は2Kの社宅でしたが、現在の私が住宅に不足を言おうものなら、夫から「四畳半ひと間でもいいって言ったのは誰だ!」ってなじられます。

でも当時は本当にそう思ったのですよぅ。社会事情は今と違いますが、上の二人を見て当時を思い出してしまいました。私は周りが何も見えてませんでしたね~。
[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-06 12:27 | ご近所・街角風景

初詣 大宰府天満宮

2011年の元旦はいつものように香椎宮に行きましたが、数年前と比べると人出も出店も少し元気がなかったように思います。今年の後半は景気が回復するという学者もいるのですが、果たして本当でしょうか? 予想通りになってほしいですね~。次に大宰府に向かったのですが、駅に着く頃からちらほらみぞれのような雪が降り始めました。元日の大宰府は流石にすごい人出でしたが、お天気の急変に傘を持ってる人は少なく晴れ着姿の人は大変そうでした。ニュースによるとこれでも昨年よりはるかに少ない元日の人出なのだそうです。流れの中で撮れる被写体は人ばかりでした~。 
(1)
b0131167_2332894.jpg

(2)
b0131167_2341114.jpg

(3)
b0131167_234298.jpg

(4)
車窓から見ると大宰府近辺には昨夜の雪がまだ残っていました。ニュースでは大晦日の天神にも雪が降っていましたが、東区はそれほどでもありませんでした。大宰府近辺の方が寒いのでしょうかね。境内の屋根にもうっすらと雪が積もってます。
b0131167_21155763.jpg

(5)
b0131167_2117342.jpg


(6)
初日の出は拝めませんでしたが、東の雲間の一部分だけ光がさしていました!
b0131167_22414325.jpg

(7)
同じころですが、南西の空はモノクロモードでした。九州の山もわずかに冠雪してますね~。
b0131167_22393871.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-01-02 21:38 | 九州よかとこ