瑠璃色の光を探して

<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

国造神社 御田植祭り その一

7月26日、阿蘇の国造神社で御田植(おんだ)祭りが行われました。午前中に国造神社を出て田んぼの中にあるお仮屋(かりや)に着いた一行がお昼を挟んで今度はお仮屋から国造神社を目指します。その帰りの巡行を撮影してきました。
(1)
田んぼの中にあるお仮屋。雨が降ったりやんだりの生憎のお天気でした。
b0131167_22562444.jpg

(2)
神事が始まるまでの間、田男や田女に扮した子供たちは木の下で雨宿りをしていました。
b0131167_2311275.jpg

(3)
b0131167_23115836.jpg

(4)
b0131167_23213352.jpg

(5)
b0131167_23222420.jpg

(6)
出番を待つ白装束の宇奈利さん。宇奈利さんは神様のお食事を頭上に掲げて運びます。
b0131167_23265346.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-09-26 23:32 | 九州よかとこ

夏の終わりに 

今年の夏は暑くてお花を撮りに行く元気がありませんでしたが、久しぶりに訪れた舞鶴公園で名残の蓮を見つけました! 嬉しかったですね~。夏休みも終わろうという頃、大濠公園では、心なしか元気のない向日葵が咲いていまでた! 最近、近所の街路樹に芙蓉を見つけ、曇り空でしたが撮ってきました! お花は見るのも撮るのも楽しいですね~。
(1)

b0131167_124587.jpg

(2)
b0131167_1251712.jpg

(3)
b0131167_1253846.jpg

(4)
b0131167_1314035.jpg

(5)
b0131167_1304692.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-09-22 01:38 | 野草・草木・四季の花

博多NOW  NO.7

九州新幹線は近場の(久留米など)利用客が期待したほど伸びなかったようですね。新幹線で20分、快速でも35分くらいなので、このご時世、定期券利用の通勤客もそれほど多くないでしょうからね。近場の運賃の見直しもあり得るかもしれません。九州の通勤ラッシュは東京のお昼間とさほど変わりませんからね。
今日はモノクロバージョンです!

(1)
b0131167_23221350.jpg


(2)
b0131167_23215645.jpg


(3)
b0131167_2323566.jpg

(4)
b0131167_23233187.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-09-16 23:26 | 九州よかとこ

南阿蘇 扇棚田

ちょっと時間が経ってしまいましたが、7月27日に訪れた南阿蘇の扇棚田です。ここは棚田100選にも選ばれていますが、探すのにちょっと苦労しましたよ。こんなところに本当に棚田があるのかしら?と思ったものです。
なるほど、100選に選ばれるだけのことはありますね~。美しい棚田でした! 棚田に牛がいるところがいかにも阿蘇って感じで癒されました!!
(1)
b0131167_23532894.jpg

(2)
b0131167_2354964.jpg

(3)
b0131167_23542642.jpg

(4)
b0131167_23544576.jpg

(5)
b0131167_2355638.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-09-13 23:57 | 九州よかとこ

博多NOW  NO.6

9月も半ばになるというのに、博多は相変わらず夏日が続いています。今日の気温も33度、昨日はかなり湿度が高ったですね~。昨日は母を連れて博多シティに行きましたが、週末はやはり人出が多いですね~。今日の画像は前回と同じ日に撮ったものですが、夕暮れの時間帯です。東京とちがって何だかのんびりしている感じです。
(1)
右手の広告が下がったビルにはバスセンターがあり、中長距離のバスが発着します。九州は長崎や熊本など近郊の県に行く長距離バスが発達していて値段も安く便数も多いようです。博多シティの2階で繋がり、さらに便利になりました。
b0131167_1452966.jpg

(2)
博多はJRも空港も大変便利です。空港と博多駅は地下鉄で2駅、空港から中心街の天神まで地下鉄で10分ちょっとです。
b0131167_13564846.jpg

(3)
b0131167_1359171.jpg

(4)
b0131167_1359239.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-09-11 14:06 | 九州よかとこ

博多NOW  NO.5

博多シティが開業して半年経ち、天神地区と博多シティの売上状況が新聞で報道されました。それによると、博多シティの開業により、天神地区のデパートや商店街では軒並み7~10%の売上ダウンとか。シティの隣にある博多郵便局が移転し、商業関係のビルに変身する話もあるようです。博多近郊から買い物にやってくる客は交通費を払ってわざわざ天神まで行かないのではないかと分析していました。今日の画像は夏休みが終わった9月5日の一コマです。ここはオープンなので、冷房が効いてないせいか人出はまばらでしたネ。
(1)
b0131167_0121225.jpg

(2)
b0131167_0123845.jpg

(3)
b0131167_013029.jpg

(4)
b0131167_0314161.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-09-09 00:34 | 九州よかとこ

千年の時を見つめて 臼杵の石仏火祭り(3)

臼杵の火祭りの最終回です。7時から辺りに置かれた松明や明かりが灯り、いよいよ火祭りが始まりました!
(1)
ここはご覧のように狭くて高い所に置かれているので、かがり火と石仏のコラボは撮れません。また暗くて人の列ができきると撮影するのに気を使うので、7時少し前に撮りました。
b0131167_13553060.jpg

(2)
この小屋に置かれているのは山王山石仏。別名「隠れ地蔵」ともいわれ、童顔でとても親しみ易いお顔をしています。
b0131167_1434770.jpg

(3)
今年は一昨年に比べて観光客がすくなかったですね~。石仏に程近い蓮池の傍では盆踊りが行われるのですが、その周りの明かりも少なくてちょっとさびしかったです。大震災や猛暑の影響でしょうかね。係りの人も今年は明かりが少ないな~と漏らしていました。
b0131167_144112.jpg

(4)
b0131167_1484292.jpg


(5)
b0131167_141037.jpg


(6)
b0131167_1432893.jpg


(7)
臼杵の石仏で一番有名な大日如来像。炎に照らされるとまた違った魅力がありますね~。
b0131167_1445588.jpg

(8)
b0131167_14112882.jpg

(9)
こうして今年も無事に臼杵の夜は更けていきました。
b0131167_14114495.jpg


長々とご覧いただきありがとうございました。
[PR]
by rainbow7716 | 2011-09-07 14:51 | 九州よかとこ

千年の時を見つめて 臼杵の石仏火祭り(2)

臼杵で開催された石仏火祭りの2回目です。

(1)
磨崖仏の近くには蓮の名所もあるんですよ。
b0131167_21272753.jpg

(2)
臼杵で最も優れていると言われる阿弥陀三尊像。60ちかくある磨崖仏の中でも重厚で、技術的にも高く評価されているようです。思わず手を合わせたくなります。

b0131167_2243947.jpg


(3)
b0131167_21245988.jpg

(4)
b0131167_21252145.jpg

(5)
b0131167_2214096.jpg

(6)
こちらは如来三尊の中心に置かれた石仏。臼杵の中では少しインド的な顔立ちだに見えますね。
バーレン時代は使用人がインド人だったので、この石仏を見ると思い出したりします。
b0131167_22195992.jpg


おまけ
b0131167_21343433.jpg


※昨日書き忘れました。実は浜崎祇園祭の次に阿蘇の画像があるのですが、お祭りは旬なものなので、火祭りを先にupしました。阿蘇では国造神社の御田植祭も撮ってきました。
石仏は興味のない人も多いでしょうから、適当にスルーしてくださいネ。
[PR]
by rainbow7716 | 2011-09-04 22:38 | 九州よかとこ

千年の時を見つめて 臼杵の石仏火祭り(1)

8月の最終土曜日、大分県の臼杵市で石仏供養祭が行われました。大分は山岳信仰が盛んだった土地。周辺に点在する磨崖仏は平安末期の作と言われ、山岳信仰の衰退とともに、自然に放置されたままでした。かなりの損傷を受けていましたが、平成6年に修復が終わり臼杵は観光地としての道を歩み始めました。長い間には豊作祈願、虫送りの信仰とも結びついて石仏供養が行われていました。石仏は人々の心のよりどころだったに違いありません。
7時にかがり火が点灯されますが、それに先だって石仏供養の法要が行われました。今年は東北大震災で被災された方々の供養も行われました。
(1)
ここの磨崖仏で一番有名なのはこの大日如来像でしょうかね。1994年の修復まで首は落ちたままで胴体の前に置かれていました。
b0131167_13404195.jpg

(2)
どちらかといえば日本的なお顔ですね。
b0131167_13412141.jpg

(3)
今年の火祭り当日は大変な猛暑でした。夕方なので上手く色がでてませんが、現在では屋根のついた小屋で石仏は大切に守られています。
b0131167_13463681.jpg

(4)
b0131167_13505441.jpg

(5)

b0131167_13554634.jpg

(6)
この如来像も親しみやすいからでしょうか、人気があります。
b0131167_13564897.jpg

(7)
b0131167_1357882.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2011-09-02 14:18 | 九州よかとこ