瑠璃色の光を探して

サパj郊の棚田

昨日は水牛を操りながら棚田で働く人々をご紹介しましたが、今日はサパ近郊の棚田を集めてみました。棚田もほとんど頂上まで登りましたが、高地のせいか最後はハーハー言ってました。こうやって棚田の写真を眺めてみると、我ながらよく登ったものだと思います。水とお弁当と一眼をぶらさげてました。広角もバッグにいれていたのですが、途中にはもちろんベンチなどありません。ぬかるんだ道に落としたら大変なのでレンズ交換は止めました。腰を降ろしたくても雨で岩や道が濡れていたので休みも取らず一気に頂上付近の少数民族のお宅を目指しました。ホテルがサンドイッチとリンゴとトマトの昼食を準備してくれたので、少数民族のお宅で頂きましたが、梅干しとおにぎりとお茶がこんなに恋しかったことはありません。

ほとんどはカットカット村の棚田ですが、中にはサパから車で3時間のところにあるバックハーの朝市に行く時、車から撮ったものもあります。
(1)
b0131167_21445184.jpg

(2)
b0131167_2219392.jpg

(3)
b0131167_2220527.jpg

(4)
b0131167_2221270.jpg

(5)
b0131167_22221132.jpg

(6)
b0131167_222315.jpg

まるでピラミッドのようですね~。
(7)
b0131167_22242215.jpg

(8)
b0131167_22263995.jpg

(9)
b0131167_22272796.jpg

朝降った雨をたたえた棚田に山が映ってとても綺麗でした!
(10)
b0131167_22402356.jpg

こちらは植物が映ってました。
(11)
b0131167_22443913.jpg

バックハーに行く途中、車の中から撮った小学校と棚田の風景。カットカット村でも小学校の校舎はまったく同じ造りでした。
(12)
b0131167_22453273.jpg

[PR]
by rainbow7716 | 2009-05-05 22:25 | 旅の想い出